2019年01月14日

全てのエアソフトユーザーへ

ども!

T-MOUTスタッフのタキオです!

本日はサバゲーマーとしての心得としてエアソフトガンの安全管理を考えるのは必須であろうと考え記事を書きます!





エアソフトガンの安全管理について皆さんはどの様にお考えでしょうか?

安全管理うんぬんを言う前にまずエアソフトガンをどう捉えるかが大切です。

エアソフトガンは遊戯銃として分類され遊戯銃とは銃器の形を模した玩具の総称とされています。

ここで玩具というフレーズが出てきましたね。

玩具(おもちゃ)なんですよ。

安全意識の薄い方の多くはこの玩具という認識をそのまま受け取ってしまっていると感じます。

サバイバルゲームが大人の戦争ごっこと呼ばれるのをよく聞きます。

まずこのイメージが良くないとおもうんですね。

ごっこ遊びに使われるおもちゃとしてエアソフトガンを捉えてしまっては安全意識もゆるくなってしまいます。



サバイバルゲームで使うエアソフトガンは国内法の規制範囲内の初速値である必要がありますが、その威力は肉眼に当たれば失明するし、歯に当たれば歯が折れるし、至近距離で撃てば皮膚から血が滲むこともあるでしょう。

それだけの威力をもつ物を使う訳ですから使用者は当然責任を持って取り扱い管理する義務があるはずです。

近年タクティカルトレーニングにおいてマズルコンシャスやらコントロールやらを教えていますね。

これは全てのエアソフトユーザーが覚えておくべきです。

べつにゲーム中に味方に銃口を向けるなとかトリガーに指かけるな!って訳でないです。

正直、私も訓練指導してますがゲームエリアにおいては全員がゴーグル等の着用を行い、自己責任で防護してる訳ですから自分に銃口向けられようと何も思いませんし、それを強要する指摘おじさんがいたらサバゲーなんだから別にいいじゃん・・・って思ってます。

ですがセーフティーエリアであったりゲームエリア外なら別ですよね。

マズルコンシャスとかいうと訓練に拒絶反応起こす人もいると思うので例えるならば


包丁持ち歩くとき刃先人に向けたり振り回したりしないよね~ってことです。


ぶっちゃけ↑に全て集約されると思います。


包丁は調理器具であって料理人が使えばその通りに使われます。

でも正しく取り扱えない者がそれをその用途に使わない時、凶器にもなりえます。


エアソフトガンも同じです。


包丁と同じように何が危ないのかどうしたら安全なのかをしっかり考えて取り扱えば事故の確率もより少なくなるでしょう。


子供の頃に調理台の落っこちやすそうな隅っこに包丁置いたり、人に包丁渡すとき刃先向けて渡したら怒られませんでしたか?

大人になって同じことやってたら恥ずかしいですよね。

エアソフトガンもサバイバルゲーマーとして正しい用途方法で運用し、安全に管理されるのが普通のことです。


私が行っている出張講習でもこれらの管理取り扱いの話は最初行いますのでサバイバルゲーマ―駆け出しの方も是非とも参加してみてください。

1月のサバパー×田村装備開発コラボトレーニングは
17日(木曜日)と27日(日曜日)

※写真クリックで予約ページに飛びます!




またゲーム環境についての変化についても私の感覚をかきます。

それはまた長くなりそうなのでまた次回!



定例会の
予約はコチラから!!






定員に上限が御座いますのでご予約はお早めに!


1月の定例会スケジュール





RAST詳細のゲームルールはこちらから!
※画像クリックで詳細記事に飛びます!



施設改善のご案内:T-MOUTの坂道が平らになりました!





お得なSNS割引キャンペーン





今月のスケジュール表!



タイムスケジュールとレギュレーションについては ホームページ より御確認下さい。


※3月以降も地下階を含む全てのフィールドエリアが

ルール改訂によりご利用頂けます!

奮ってご参加下さい!


フィールドホームページ


フィールドFacebookページ


Twitter


youtubeチャンネル

瀧澤のFacebook

「瀧澤 裕人」で登録しております!

宜しかったらフォローして下さい!!(^^)/


社長ブログ
http://tamura.militaryblog.jp/


訓練教育部長 長田ブログ
http://kejittc.militaryblog.jp



田村装備開発(株)

商品HP http://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453






Posted by タッキーSGT  at 20:05 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。